グーグルで17%も成約率がアップしたマイクロコピー

Googleでは毎年、
I/0という開発者向けのイベントが
開催されています。

昨年のイベントでは、GoogleのシニアUXライター、
マギー・スタンピルさんが自身の仕事の価値について、
熱弁していました。

1つ例を挙げると・・・

これはグーグルが提供する、
宿泊予約機能の画面なのですが・・・

マギーさんは、

当初「部屋を予約する」

だったマイクロコピーを、

「空き状況を確認する」

に変更を加えたところ・・・・

なんと反応率が
17%もアップしました。

このA/Bテストから
学べることとは・・・

お客さんの

・部屋を予約したい

という欲求の前には、

・指定の日の部屋の空き状況を確認したい
・部屋の価格を知りたい

というひとつ前の
心理段階が存在している。
と、いうことです。

マイクロコピーは常に、
お客さんの心理段階に
沿っている必要があることを
意味しています。

・・・

・・・

あなたのサイトでも、
同じ間違いをしていないでしょうか?

商品やサービスの
情報収集をしている段階の
お客さんに対して、

「購入する」
「サービスに申し込む」

など、
早すぎるオファーを
していませんか?

「資料請求する」
「価格を見る」
「サービスの内容を詳しく知る」

など、
まずは情報を集めるための
マイクロコピーの方が、
クリック率が大きく改善される
可能性があります。

なので、

お客さんの心理段階を
見極めるために
必ず仮説を立て、
A/Bテストでチェックする
必要があります。

普通に考えれば、
たった数文字の違いで
エンゲージメント率が
17%も違うなんて・・・

経営者だったら、
絶対に無視できないですよね^^;

宿泊予約サービスの
マイクロコピー事例が
出たところで、
ついでに
こちらも紹介しましょう。

通常、宿泊予約サイトでは、
泊まり先のホテルを決定し、
空き状況を確認してから予約を進めます。

よくある予約ボタンでは、
お客さんが先に請求情報を登録してから、
チェックアウトすることになりますが、

Airbnbでは、
すぐにお金を請求する訳ではないことを
ボタンの下のマイクロコピーで
説明しています。

「予約する (まだ請求されません)」

なぜか?

お客さんが
今すぐ支払う準備ができているとは
限らないからです。

予約枠を確定させてから、
決済に関する情報を求める。

この小さな配慮が、
より高い成約率を生むのです。

つまりポイントは、
あらゆる段階で、
顧客の頭にある懸念を1つでも多く、減らすこと。

これだけではありません。

booking.comなどの
宿泊予約の獲得が
利益につながるビジネスでは・・・
マイクロコピーが
多く活用されています。

・無料の朝食などセールスポイント
・○月○日までキャンセル自由
・「今、8人がこの宿泊プランを検討しています」

賃貸物件サイトでも、

「今、5人がこの物件を検討しています」など、

マイクロコピーが使われてますね。

今日のテーマでは、

1.お客さんの心理段階に沿ったマイクロコピーを使う
2.1つでも多く、懸念を減らす

この2つを中心にお話しました。

ぜひあなたのサイトでも、
参考にして改善を進めてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー