404ページのデザインで「らしさ」をブランディング

404ページのデザインで「らしさ」をブランディング

事例

「お探しのページはございません」

という表示は見たことがあるかと思う。

これがいわゆる、404エラーページ
通称『404ページ』というものだ。

 
なるべくなら、そのページは見せない方が
いいに決まっている。

だから、リダイレクトするのも
1つの手ではあるのだけど
逆に、サイトやブランドの価値を高める
ブランディングにも使えたりするんだ。

 

もともと404ページが表示される時には
はじめに紹介したような
無機質な言葉が並ぶようになっているが
デザインをカスタムしてみたらいい。

ユニークなページなら、面白みを感じてもらえるし
親切な言葉を並べると、丁寧な会社だと思ってもらえる。

 

これもマイクロコピー改善の一例だ。
具体例をあげていこう。

 

Amazon

ご存知、世界でも大手のAmazonのページは
犬と共に、下の文章がある。

「ごめん、そのページは見つけられなかったよ。
検索、またはAmazonのトップページに戻る。」

 
犬の名前も教えてくれるし
毎回表示される犬も変わる。

犬好きとしては、たまらん。

しかも、犬をクリックすると
犬の一覧がプロフィール付きで見れる。

売ってるのかと思えば、売ってなかった。

 
それに、検索かトップページに戻るのがいい、
とフォローも忘れていない。

残念なのは、日本のAmazonの404ページだ。
ありきたりの無機質なやつや。

 

郵便局

「あて所に尋ねあたりません。」
という郵便局ならではの
スタンプイラストが、ユニークだ。

そんなにふざけ過ぎてないし
邪魔をしてるわけでもない。

郵便局という、真面目なイメージも
そのまま保てるし、いい線をいってる。

また、ちゃんと後のフォローもしてあって
ユーザビリティも考えられているのもいい。

 

コカコーラ

コカコーラの404ページは
やはりコーラをイメージさせる赤色と
コーラのイラストや水滴を使っている。

水滴が、見つからなかった冷や汗にも見える。

こちらのフォロー方法は
「下のリンク一覧から他のページをご覧ください。」
と、下にカテゴリー一覧やトップボタンを置いている。

 

zozotown

ZOZOTOWNは、「NOT FOUND」を
商品を使って表現している。

しかも、ちゃんと売ってるっていうね。

商売心も忘れないところが
商売人らしくて好きやな。

 

商売人心と言えば、こちらもいい。

桜クレパス

「よく消えると評判の『フォームイレイザー』が
消してしまったかもしれません。」

と、フォームイレイザーの広告を入れている。

しかも、ちゃんとフォームイレイザーの
リンクまで貼ってある。

こういうユニークな広告につなげれるといいよね。

 
 

他には、会社のブランドキャラクターを
前面に出して、親しみやすさを押し出したものもある。
ざっと紹介しよう。

グリコ

 
NISSIN

 
キューピー

ブランドキャラクターを出すのは
親しみやすさや面白さがあっていい。

だが、ユーザーはこの後どうするだろう?

 
困惑したり、迷子にならないためにも
しっかりフォローはいれておきたいところだ。

 

洋品店の店頭でも
「いま、その商品がないんです」

より、

「いま、その商品はないんですが
こちらの商品が、これからオススメになりますよ」

って言われた方が、ガッカリ気分がないし
お得感を出すこともできる。

それに、売れても売れなくても
店員の株はあがるしね。

 

たかが404ページ。

と思うかもしれないが、ちょっとした
フォローやサービスを入れることで
信頼性やブランドのイメージなどが変わるもんだ。

ちょっとしたことだが
お客様を感動させてみよう。

前の投稿
クリック率改善のヒント!紅一点の法則
次の投稿
サイバーマンデーを振り返る。クリスマス・お正月商戦で使えるマイクロコピー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー