115%CVR改善!ピザハットが実施したマイクロコピーのA/Bテスト

突然ですが、クイズです。

宅配ピザチェーンのピザハットが、トップページで表示されるユーザーへの店舗登録促進ポップアップを3種類、A/Bテストしました。

それぞれ、テキストとボタンの文言を少しずつ変えただけです。

次ページへの遷移率が一番高かったのは、A、B、Cのうちどれでしょう?

A「お得な特別メニューがございます!まずは店舗をお選びください。」
【ログインせずに店舗を選ぶ】【ログインする】

B「店舗ごとに特別メニューがございます!まずは店舗をお選びください。」
【ログインせずに店舗を選ぶ】【ログインする】

C「店舗ごとに特別メニューがございます!まずは店舗をお選びください。」
【店舗を選択してメニューを見る】【ログインする】

 

💡 ヒント💡
良いマイクロコピーは、
・お客さまの疑問を解決します。
・お客さまの心理、段階に沿っています。

ピザハットの目的は「店舗を登録してもらうこと」ですが、お客さんがしたいことは何か?というところがポイントです。

答えは・・・・

 

↓↓↓

 

Cが最も効果が高く、遷移率が115%アップしました。

C「店舗ごとに特別メニューがございます!まずは店舗をお選びください。」
【店舗を選択してメニューを見る】【ログインする】

 

Cが圧勝した理由を考えていきます。

まず、ポップアップを見たお客さんの頭の中を想像してみましょう。

きっと、こんな疑問が浮かぶはずです。

「特別メニューが見たいだけのに、なぜ店舗を選ぶ必要があるの?」

この疑問に答えるには、

A「お得な特別メニューがございます!」より、B、C「店舗ごとに特別メニューがございます!」の方が、店舗を選ぶべき理由がより明確ですよね。

 

さらに、お客さんがしたいことは何かというと・・・

「店舗を選びたい」ではなく「メニューを見たい」です。

そう考えると、

B【ログインせずに店舗を選ぶ】より、C【店舗を選択してメニューを見る】の方が、お客さんの心理に沿っていることが分かります。

 

ちょっとした言葉の違いで15%近くも差がつくなんて、驚きますよね。

マイクロコピーをつけるときは、
・お客さまの疑問を解決できているか?
・お客さまの心理、段階に沿っているか?

という点をチェックするのがオススメです。

もちろん、迷ったときには必ずA/Bテストを実施して、データで結果を分析しましょう👍

参考になりましたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー