【A/Bクイズ】ボタンの位置をずらすだけでCVRが19%アップした事例

突然ですがクイズです。

コンバージョン率が高かったレイアウトはどちらでしょう?

A:価格の「下」にCTAボタンを配置

B:価格の「上」にCTAボタンを配置

これは、携帯電話事業会社ボーダフォンの海外サイトで行われたA/Bテスト事例です。

ボーダフォンの売り上げ向上ため、デジタルマーケティング代理店Greenhouse Groupは、次のことを明らかにすることにしました。

「CTAボタンの『配置』は、コンバージョン率に影響するのか?」

そこで、画像、文言、価格オファーは一切変えずに、レイアウトだけを変更して1週間テストしたのです。

その結果は驚くべきものでした。

CTAボタンの位置をずらすだけで、なんと・・・

コンバージョン率(CVR)が19%もアップしたのです!

勝利したのは、「B:価格の上にCTAボタンを配置」でした。

CTAボタンを上に移動したことで、さらにボタンが目立つようになり、カートに入れる顧客が増加。

その結果、CVRが19%アップし、最終的な販売数と売り上げも伸びたのです。

どこにCTAボタンを配置するか?

というようなシンプルなテストでも、コンバージョンに多大な影響を与えることが分かりました。

————————–

コンバージョンに貢献するのは、ボタンのテキストだけではありません。

「どこにボタンを配置するか?」というレイアウトの面も非常に重要になってきます。

重要なCTAボタンは目立たせましょう。

✅ 明確に押し出す(色、サイズ)
✅ 真ん中に配置する
✅ 配置する位置を高くする

一般的に、配置する位置が高いほど、ユーザーがそれに気がついてクリックをする可能性は高くなります。

ユーザーの行動を把握するには、ヒートマップのような分析ツールを使うのも有効ですよ。

もし、あなたが「もっと成果を上げたい」と少しでも思うなら、ぜひこの事例を応用してテストしてみましょう。

特別な費用はいりませんし、ボタンの配置を変えるだけなら簡単です。

小さなテストで何十万、何百万という利益につながるなら、試さない手はないですよね・・・!

 

参考にしていただければ幸いです。

 

参考:Guess The Test

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー