【超簡単!CTA改善】たった数分でコンバージョン率を24%アップさせた通販サイトの事例

事例

通販サイト、ランディングページのコンバージョン率を上げる最も簡単な方法の一つが、CTA(Call To Action)つまり注文ボタンの近くに、行動を促す文言「マイクロコピー」を追加することです。

今回は、ヨーロッパの大手通販会社Overtoomが実施した、コンバージョン率が24%アップした A/Bテストの事例をご紹介します。

その通販サイトは元々、このように「カゴに入れる」というボタンがついたシンプルなCTAでした。

A: ボタン「カゴに入れる」

CTAを改善するために考えられた別のバリエーションBは、「カゴに入れる」ボタンのすぐ下に3つの要素を追加するものでした。

B: ボタン + ①星の評価、②€200以上で送料無料、③支払い方法

3つの要素を追加するだけ、という数分でできる簡単な作業です。

しかし、OvertoomがBのCTAで約10日間テストを実行した結果・・・

なんとコンバージョン率が24%アップしました。

なぜBが勝利したのか?

追加した3つの要素を整理してみましょう。

①星の評価

とあるアンケートでは、「気になる商品を見つけた時、95%の人が商品について検索し、さらにその80%以上が口コミサイトを見ている」という結果が出ています。

引用:https://southpaw.co.jp/marketresearch/1933

確かに、Amazonや楽天など大手通販サイトでは、必ずレビューを載せていますよね。

実際に購入した人による好評価の口コミというのは、購入を迷っている人にとって「良い商品である」という保証になるのです。

②€200以上で送料無料

デロイトの調査によると、オンライン消費者の40%は、「〇円以上で送料無料」の表示がある場合、より多くの商品を購入する傾向があります。

ほぼ確実に顧客単価が上がるため、今では国内外のあらゆる通販サイトが実施しています。

しかし、実際は、惜しいことに・・・お客様に「〇円以上で送料無料」という表示に気づいてもらえていないケースも多いみたいです。

例えば、オーストラリアのeコマース企業であるFluidGrowersの例をご紹介しましょう。

彼らは、次の3箇所に「150豪ドル以上で送料無料」というマイクロコピーをつけました。

✅ サイトのトップバー
✅ サイドバー
✅ カートの上

「3箇所も追加したの?」と、ちょっと過剰なくらいのA/Bテストですが、結果は・・・

参考:https://www.abtestcases.com/testcases/adding-free-shipping-information-to-the-cart-page/

平均注文額は$ 110から$ 139に26%アップ。

コンバージョン率は39%アップしました。

どんなに素晴らしいキャンペーンも、気づいてもらえなければ意味がありません。

たった一言で顧客単価がアップするなら、CTAに追加しない手はないですよね。

③支払い方法

最後に支払いのオプションについて説明することで、購入の最終ステップを促します。

口コミ→「○円以上で送料無料」オファー→支払い、という順番も良かったのでしょう。

購入を上手に後押ししてくれていますね。

このように、CTAのマイクロコピーは時に強力な効果を発揮します。

ちょっと一言をCTAに追加するだけ・・・たった数分の作業で、コンバージョン率が20%、30%と上がってしまうなんて、凄いことですよね。

今すぐご自身のサイトのCTAを見直したくなったのではないでしょうか?

「自分のサイトにピッタリのマイクロコピーが知りたい」
「マイクロコピーでライバルと差をつけたい」
「売上アップに繋がる事例をもっと知りたい」

という方は、ぜひ「マイクロコピー1dayセミナー」をのぞいてみてくださいね。

↓↓↓

>>マイクロコピー1dayセミナーの詳細をみる

セミナーでは豪華特典もプレゼントしておりますので、ぜひ受け取ってください(^^)

あなたのビジネスのお役に立てましたら幸いです。

, , , ,
前の投稿
「無料お試し」よりも効果が良く、CVRが111%になったCVボタンのマイクロコピー
次の投稿
【A/Bテスト事例】トップページの2カ所を変更しただけでコンバージョン71.6%増

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー