【コンバージョン104%増】どっちのボタンが勝つ?「見積もりする」vs「金額を確認する」

事例, 考え方

効率的に売上アップを目指すなら、ボタンやその周辺のマイクロコピーからA/Bテストを実施しましょう。

なぜなら、ボタンはコンバージョンに最も近い部分であり、簡単に、すぐできて、改善する見込みが高いからです。

ボタンの小さな文言、マイクロコピーを少し変えるだけで、驚くほどクリック率やコンバージョン率が変わります。

例えば、とある水処理会社の事例では・・・

ボタンの大きさや位置は変えず、ボタンの文言だけを変えて、A/Bテストを3週間実施しました。

A「見積もりする(Get A Quote)」
B「金額を確認する(Get Pricing)」

このボタンを押すと、見積もりのための入力フォームに遷移するようになっています。

どちらのボタンが申し込み数が多かったと思いますか?

結果は・・・

A「見積もりする」が勝利。
Bと比べて、104%も申し込みが多かったのです。

B「金額を確認する」の方が、気軽に押してもらえそうなのに、不思議ですよね?

なぜ、A「見積もりする」というコピーが勝利したのか。

ユーザー目線に立って考えてみましょう。

A「見積もりする」というボタンを見た人は、当然、「このボタンを押して、正確な見積もりをしてもらえるだろう」と考えます。

一方、B「金額を確認する」というボタンを見た人は、「この場ですぐに金額を確認できるもの」と考えます。

しかし、ボタンを押して出てくるのは、見積もりのための入力フォームです。

B「金額を確認する」というボタンを押した人にとっては、予想外のこと。このギャップが原因で、ページを閉じる人が多かったと考えられます。

このA/Bテストから学べることは、ボタンのコピーから期待されるものと、ボタンを押した先にあるものを一致させることの重要性です。

たった数文字のコピーの違いで、顧客の行動は変わります。

A/Bテストの際は「ボタンのコピーを見た人が何を期待するか?」に気をつけて実施しましょう。

参考:https://dlpo.jp/blog/behave-button-cta-test.php

メニュー