ボタンで最後の説得を!

ボタンで最後の説得を!

事例

ネットでお客様に申し込みをしてもらいたい時、
「お申し込み」
ボタンにこれだけしか書いてない。

なんてことになってはないだろうか?

 
これだけで、何%の顧客を逃して来たのか、
想像したことはあるかな?

 

いくら商品が良くて、
商品の説明を聞いたとしても、
見込み客の脳内では、買わない理由を探しているもんだ。

脳では、たくさんの会話が行き交ってると想像してくれ。
ま、国会のような感じだ。

 
何かネットを見て、国会が始まる。
買うかどうかの討論だ。

申し込みボタンまできた。

 
ここまでくれば「買う」が優勢に立っているが、
「買わない」派は、

『本当に役に立つのか?』
『本当にここは信用できるのか?』
『それだけ払う価値はあるのか?』

と、何か買わない理由を最後まで探してくるんだ。

 
脳内国会のほとんどは、中立の立場だが、
損はしたくないと思っている。

この中立の立場の人たちが、
最後、どちらに動くか?

それが肝だ。

最後、どちらが中立派を持ち込めるか、
にかかっているんだ。

 
それが、買うか買わないかの最終判断になる。

 

だから、最後のボタンまで来たからって、
あなたは気を抜いてはいけない。

最後まで説得し続けなければいけないんだ。

 
どうやって?

 
そうだ、ボタンの文字を変えてみよう。

 
「無料でお申し込み」

いいねー。
“無料”は強い説得材料だ。

 

「無料で〇〇を始める」

いいねー。
タダで何か始められるなんて、
中立派も心が動いちゃうよね。

 
 

では、実際の具体例だ。
海外のサイトの事例だが、

ーーーーーーーーーーーー

「サインアップ」

「サインアップ」無料!

ーーーーーーーーーーーー

やったのは、これだけ。

これだけでなんと、サインアップ率が28%もアップだ!

 
たった2文字でこんなに結果があがるなんて、もう笑っちゃうだろ?

 

この事例は、書籍「ザ・マイクロコピー」
P55に載っている。

良かったら読んでみてね。

 

最後まで、見込み客の脳内の、
中立派の人を説得するんだ。

,
前の投稿
最短最速で結果を出した例
次の投稿
マイクロコピーにも社会的証明を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー