最短最速で結果を出した例

最短最速で結果を出した例

事例

マイクロコピーを使えば、
ビックリするぐらい、結果が出ることがある。

しかも、他のライバルに気づかれることは、
ほとんどないだろう。

 

マイクロコピーは、気づかれにくいために、
一部の人たちでしか使われてこなかった。

誰しも効果があるものは、秘密にしていたいものだ。

 

特に簡単な例として、
「無料」の位置を変えたことだ。

本当にコレだけ。

 
結果は、資料請求の成約率が1.5倍になった。

 

もっと詳しく書くと、

「資料を無料ダウンロード」
 ↓ ↓ ↓
「無料で資料をダウンロード」

と「無料」の順番を変えただけだ。

 
信じられるだろうか?

信じなくてもいいが、
マイクロコピーの世界では、
こんなことは当たり前だ。

 

先ほどの例で分かるのは、
画面の向こう側の顧客は、
最初の文字しか見てないってことだ。

分かるだろうか?

 
最初の文字は、「資料を」と「無料で」だ。

とっさの判断は、イメージだ。

資料を読んでいるところをイメージするか、
財布が守られることをイメージするか。

 
初めて訪れたサイトなら、
あなたは、どちらがいいだろう?

 

逆に顧客は、必要かどうか、
あまり考えたくないんだ。

全員がそうとも言い切れないが、
大体は当てはまる。

 
考えたくはない生き物なんだ。

 

長い取引がやっと終わって、喉も渇いたし、
ホッとしたくてカフェに行くと、

「コロンビア産、メキシコ産、エチオピア産、
他にもありますが、どのコーヒー豆がいいですか?」

って聞かれたらどうする?

 
いや、俺はコーヒーが飲みたいんだ!

なんでもいい!余計なことは考えさせないでくれ!!

 
となるだろう。

余計なことはさせまいと、
入り口に書いてあったとしても、
気づく人は少ないはずだ。

 
このコーヒー屋なら、
ツウが通うようになるかもしれないが、
資料を集めたいってマニアは、そうそういないだろう。

ライバルを除いてね。

 

ちなみに、マイクロコピーの本では、
25Pに、この事例が書いてある。
Amazonで見てみる

 

初めてのお客さんに、
最初に何をイメージしてもらいたいだろうか?

余計なことはしなくていい。

そのイメージさせたいものを、
最初に持ってくるんだ。

前の投稿
保護中:
次の投稿
ボタンで最後の説得を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー