【A/Bテスト事例】トップページの2カ所を変更しただけでコンバージョン71.6%増

事例, 作り方

Webビジネスを成長させる上で、A/Bテストは重要な施策になります。

今では様々なA/Bテストツールが選べますし、Google Optimizeのような無料のツールもありますよね。

実店舗と違って、コストをかけずに色々なテストができるところも魅力です。

ファーストビューの画像1枚、ボタンのデザイン、マイクロコピーが数文字違うだけでも、驚くほど効果改善します。

でも、、、

「実際、どんなテストをすれば良いの?」
「A/Bテストのアイデアが尽き果てた…」

という悩みは付きものですよね。。

そこで、今回は、A/Bテストをする際にぜひ参考にしていただきたい、実例とポイントをご紹介します。

2箇所の改善でコンバージョン71.6%増!メガネブランドの事例

Felix + Irisは、無料でメガネを一定期間試すことができるメガネブランドです。

あるとき、もっと多くの顧客に無料で試着してもらうため、サイトのトップページを改善することにしました。

もともとのトップページはこのようなものでした。

▼オリジナルA案

笑顔の女性をトップ画像に採用。
ボタンは「Get Started(始める)」という定番のコピーです。

まず、このトップページの画像について、Felix + Iris のUXを担当するJon Corwin は、「女性のイメージ画像よりも、商品やプロセスが具体的に分かる」画像に変更しました。

▼B案

実際に試着を注文したときに届く画像に加え、試着プロセスを3ステップの箇条書きで表しています。

1.スタイルとビジョンの質問に答える
2.おすすめのフレームを見る
3.ご自宅で無料でお試しください

ボタンのコピー、このB案ではオリジナルと同じ「Get Started(始める)」のままです。

さらにJonは、 B’ 案として、ボタンの「Get Started(始める)」を「Start Fit Profile(試着を始める)」に変えた次のようなバージョンも用意しました。

▼B’ 案

テスト結果は・・・

B’ 案の勝利。

なんと、コンバージョン71.6%増を達成したのです!

一見地味なA/Bテストの重要性が、よく分かりますよね。。

B’ 案の勝因には、次のようなポイントがあります。

①商品やサービスについて具体的にイメージできること
②「『何を』始めるのか」ボタンを見るだけでも明らかなこと

ご自身のサイトでも、A/Bテストをする際には、ぜひこの2点を意識しましょう。

今回ご紹介したような、ラクに売上を伸ばすノウハウが知りたい方は、ぜひ「マイクロコピー1dayセミナー」をのぞいてみてください。

その場でサイト改善できる、実践型のセミナーになっております。

↓↓↓

>>マイクロコピー1dayセミナーの詳細をみる

セミナーでは豪華特典もプレゼントしておりますので、ぜひ受け取ってください(^^)

参考:https://marketingexperiments.com/a-b-testing/hero-unit-homepage-changes

, , , ,
前の投稿
【超簡単!CTA改善】たった数分でコンバージョン率を24%アップさせた通販サイトの事例
次の投稿
【A/Bテスト事例】売上41%アップ!「割引」「送料無料」よりも売れたマイクロコピー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー