「購入する」ボタンはNG?お客様の心理的ハードルを下げる言葉でCVR146%アップした事例

「損した時の恐怖は、得する喜びよりも2.25倍も大きい」という行動経済学の研究結果があります。

この「損したくない」という感情は、人を慎重にさせるもの。

あなたもネット通販で買い物をするとき、「購入」「注文」「支払い」などといったお金が絡む言葉が目に入ると、つい身構えてしまうことはありませんか?

通販サイトやLPでも、特に、支払いに近いCVボタンのマイクロコピーには細心の注意が必要です。

今回は、ある単品通販のLPの事例をご紹介します。

そのサイトではもともと、CVボタンに「購入する」という文言を使用していました。

コンバージョン率を上げるため、CVボタンの文言を「注文する」「申し込む」に変えてA/Bテストを実施したのです。

どのボタンが勝利したのかというと・・・

答えは、「申し込む」のボタン。
なんとコンバージョン率が146.7%もアップしました。

なぜ「申し込む」のボタンが勝利したのでしょうか?

それは、「購入する」「注文する」よりも「申し込む」の方が心理的ハードルが低いからです。

金額や条件はまったく同じなのに、CVボタンの文言が違うだけで売上に大きな差がでるなんて、面白いですよね。

お金が絡むシーンでは、できるだけ心理的ハードルを低くすることが重要です。

心理的ハードルを下げるマイクロコピー

「購入する」→「申し込む」というふうにボタンの文言を変える他にも、様々なマイクロコピーを使ってユーザーの心理的ハードルを下げることができます。

返金保証付き

「試してみたいけど、期待はずれだったら嫌だな…」という不安にダイレクトに働きかけるのが「返金保証」制度。

例えば、オンライン学習プラットフォームUdemyでは、CVボタンのすぐ下に「30日間返金保証」というマイクロコピーが添えてあります。

無料でお試し

「無料」は迷っている人の背中を押すマジックワードです。

オーディオブックのサブスクリプションサービスAudibleのCVボタンには「2ヶ月無料キャンペーン中。今すぐ聞こう」と書かれています。

さらに、その下に「いつでも退会できます」というマイクロコピーを添えることで、安心感を与えてくれますね。

支払いを後まわしにする

AirbnbのCVボタンには、「まだ請求されません」というマイクロコピーがあります。

サイトを回遊しているお客さんが、今すぐ支払う準備ができているとは限りません。

予約枠を確定させてから、決済に関する情報を求める。

この小さな配慮が、より高い成約率を生むのですね。

まとめ

人間に本能的に備わっているリスク回避の思考は、消費行動にも大きな影響を与えます。

通販サイトやLPでも、特に、支払いに近いCVボタンのマイクロコピーには細心の注意が必要です。

マイクロコピーで「いかにお客さんの心理的ハードルを下げるか?」A/Bテストでチェックしてみてくださいね。

参考:https://sitest.jp/blog/?p=15657#midasi04

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー