コンバージョンボタンの周りには何を書くべき?

ボタンには多くの視線が集まります。
そして、購入ボタンの周辺も同様に、これからアクションを起こそうとしているユーザーの視線が、最も集まりやすい箇所です。

例えば、Amazonの購入ボタンの周りにはこれだけの情報が集まっています。

・価格
・ポイント
・配送料
・在庫数
・発送主
・ギフトラッピング
・数量選択
Amazonプライム
・カートに入れる
1click注文
・ほしい物リストに追加
・シェアボタン

商品を購入する際に、優先度の高い情報を1箇所にまとめておけば、お客さんがいちいちページを移動したり、情報を探しに行く手間がなくなります。

・視線移動
・ページ移動
・クリック数
・フォーム記入数

 

顧客にスムーズに商品を購入してもらうには、手間や迷いを最小限に抑えるデザイン、レイアウト・情報量が必要なのです。

逆に言えば、ボタン周りの情報量を増やすほどに、個々の情報は読まれにくくなります。ですので適切な情報を、可能なかぎり絞って記載することが、確実に読まれる秘訣です。

顧客の気持ちを汲み取れば、場面に応じて書くべきマイクロコピーを絞ることができます。

例えば、Airbnbの場合はこう言います。 

「まだ請求は発生しません。」

商品やサービスの明確な購入時は別として、チケットなどを予約をする際には、「どのタイミングで決済が行われるか?」が不安になりませんか?
特に、クレジットカード情報を先に登録している場合には、躊躇してしまうかもしれません。

これらの情報をあらかじめマイクロコピーで伝えましょう。

例えば、ボタンクリックと同時に決済が行われる場合では、
Amazon
「ボタンを押すと注文が確定します」のようなマイクロコピーがわかりやすいですね。

 

ほかにも世界最大級のオンライン学習プラットフォーム、Udemy決済ボタンの周りを見てみましょう。

価格表示の下には、
「この価格で購入できるのはあと1!」の締め切り。「カートに追加」の下には「30日間返金保証」と、顧客の不安をケアするマイクロコピーが書かれています。多くの人が習い事を始める時、「3日坊主になったらどうしよう」と一瞬考えるからです。

 

また、実体物ではなくサービスを販売している際には、手に入る有形・無形の価値を伝えると尚良いです。
Udemy
においては、
・商品のボリューム(トータル学習時間)
・学習を助ける補足コンテンツの量
・学習期間の制限
・アクセス環境の制限
・受講後にもらえる証明書

について、マイクロコピーを添えています。

あなたの顧客は、購入確定ボタンを前にしたとき、どんな情報を必要としているでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー