【超簡単】CVボタンの形を変えただけでCVRが2倍!ボタン改善で売上を劇的に上げた事例

事例

コンバージョンボタンの改善は、ちょっとした変更でも売上に大きな影響を及ぼします。

例えば、こちらのランディングページ(LP)のA/Bテスト事例を見てください。

ボタンの形・サイズを変えただけで、なんと・・・


画像引用:https://www.tsuhan-marketing.com/blog/digital/smartphone_lp_designechnique#2

2倍以上もCVRに差が出ました。

Aパターン(長方形)はCVRが4.5%、Bパターン(丸)はCVRが10.3%でした。

なぜここまで違いが出たのでしょうか?

それは、このLPはスマホ用だったこともあり、ボタンの「押しやすさ」で違いが出たと考えられます。

CVボタンのテストには、このように形や色のデザインを変えるほか、ボタンの周りにマイクロコピーを添える方法もあります。

とあるLPのA/Bテストの事例がこちら。

ボタン自体の文言は変えず、Bパターンとして、「お申込みはこちら」の上に「\今だけ!○○%OFF!/」というマイクロコピーを入れたのです。

ボタンの文言や色などの条件は同じ。

ただし、Bパターンは、マイクロコピーを入れるため、ボタンの縦幅サイズは少し小さくなっています。

どちらのボタンがコンバージョン率が高かったと思いますか?

A/Bテストの結果は・・・

【A】CVR4.2%
【B】CVR6.8%

ボタンが小さくても、マイクロコピーを入れた方が2.6%も効果が良いという結果になったのです。

「今だけ」というコピーで離脱を防ぎ、その場で行動してもらう。
さらに、「〇〇%OFF」というコピーでお得感を伝える。

シンプルな改善ですが、コンバージョン率を着実にアップさせる素晴らしいテスト事例ですね。

このように、CVボタンの改善は売上に大きく影響します。

売れるボタンのデザインやコピーが知りたい方は、こちらに完全版をまとめています。

↓↓↓

【完全版】売れるCVボタンをデザインするのに必要な10のポイント

「売れるボタンの色は緑?赤?」

「『送信』『登録』ボタンはCVRを下げる?」

などなど、、気になる方はぜひのぞいてみてください。

A/Bテストをする際の参考にしていただけますと幸いです。

参考:https://senshukai-btob.hatenablog.com/entry/2019/10/07/095511

, , , ,
前の投稿
【A/Bテスト事例】売上41%アップ!「割引」「送料無料」よりも売れたマイクロコピー
次の投稿
「たった1分でコンバージョンが2倍に!」12月までに絶対やるべきサイト改善施策

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー