👋 Clubhouseのマイクロコピー

今話題の音声SNS、
「Clubhouse(クラブハウス)」。

もう使ってみましたか?

SNSカテゴリですでに第1位のこのアプリは、起業家のPaulDavisonと元GoogleスタッフのRohanSethによって設立されました。

日本での認知は今年からですが、米国時間2020年5月15日には時価総額1億ドル(約107億円)と発表され話題に!

・招待制のSNS
・iPhoneのみでアンドロイド未対応

という制約があるにも関わらず、凄まじい成長スピードですよね。

かつて大流行したmixiしかり、「招待制」や「限定」の魔力を改めて思い知らされます・・・

そんなClubhouseですが、マイクロコピー、UXの観点で見ても素晴らしいアイデア満載のアプリでした。

↓↓↓↓↓

■アプリインストール直後

アプリをインストールしてはじめに出てくるのがこの画面。


” ðŸŽ‰ ã‚ˆã†ã“そ!”

クラッカーの絵文字つきでいきなり歓迎ムードですね。

アカウントの登録作業というのは、誰にとっても面倒くさいもの。

しかし、このように相手のアクションに対して、ねぎらいや歓迎の言葉をかけるだけでも、ユーザーの満足度につながります。

登録ボタンのマイクロコピーも「ユーザー名を取得する」と、次のアクションが明確で良いですね。

 

■登録ページ

端末の電話番号を入力してSMS認証をする場面も、サポートが細やかです。


“受け取ってませんか?タップして再送”

 

名前を入力するときにありがちな「実名?ニックネーム?どっち?」という疑問にも、ハッキリ答えてくれます。

”Clubhouseではみんな本名を使ってます。ありがとう!”

 

わざわざ使い方を検索させたり、間違った入力でイライラさせるのは、ユーザーを逃し、悪評を立たせるもの。

だからこそ、こういった場面では「ユーザーを正しく導く」マイクロコピーが肝心になります。

 

■高いユーザビリティ

Clubhouseはとても説明上手なアプリなので、初心者でもストレスフリーです。

言葉遣いが適度にカジュアルなのも特徴的ですね。

(↓スピーカーとして招待されたときの画面)


”〇〇がスピーカーとしてあなたを招待しています”

”今度にしようかな?”
”スピーカーとして参加”

 

(↓発言する方法について説明する画面)


”手を挙げますか?あなたが言いたいことがあるとスピーカー達に知らせます”

”気にしないで”
”手をあげる”

 

ユーザビリティをとことん考え、ファンを増やす工夫が満載のClubhouse。

ここまで大流行したのも納得ですね。

 

—————————-

会員登録、
問い合わせ、
商品の購入など。

お客様に何かアクションしてもらいたいとき、「疑問や引っかかる点がそこにないか?」改めて考えてみましょう。

そして、「メッセージに感情を乗せられないか?」考えながらマイクロコピーを設計してみてください。

ありがとうございます、
お疲れさまでした、
おめでとうございます。

どんな声がけでも構いません。

親しみのあるトーンにしたり、絵文字を使ってみるのも良いでしょう。

小さな箇所のメッセージの積み重ねが、さらなるアクションを引き出します。

たったそれだけであなたのファンが増えていくなんて、素晴らしいと思いませんか?

マイクロコピーを上手に使って、ぜひ、あなたのファンを増やしてみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました👋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー