行動させる言葉を使おう

行動させる言葉を使おう

事例

あなたのサイトには「送信」というボタンがあるだろうか?

もしあるなら、コンバージョン率を3%も損していることになる。

 

ソーシャルメディアの専門家
ダン・ザレラによると
40,000ページで調査した結果

「送信」ボタンを使っているコンバージョン率は
全体で3%も低いことが分かった。

 

「たかが3%だろ?」

と思うだろうか?

 
3%は、100なら3だが
1,000なら30、10,000なら300だ。

大きな数値になればなるほど
3%の重みは変わってくるだろう。

 

もっとクリックさせたい。
もっとコンバージョン率をあげたい。

と思っているなら、この方法を試してみてほしい。

 

と言っても、「送信」は悪いわけではない。
分かりやすくて完結だ。

 
ただ、すごく機械的じゃないだろうか。

向こう側に、人の温かみが感じられない。

 
機械的なサイトなら、それもいいだろう。

ただ、もっと親近感を出したり
温かみを感じさせたり、楽しめるような
サービスを売りにするなら、違う言葉がいい。

 
あなたなら、どんな言葉だったら動きたくなるだろう?

 

今、効果が出ているのは

「今すぐ登録する」
「今すぐ始める」
「問い合わせる」

こんな行動を促すような言葉だ。

 
海外のサイトでは、
「サインアップ」を「サインアップと毎日の素敵なプチ知識を」
と変えただけで、サインアップ率が31.54%アップだ。

英語だから、少しニュアンスは変わるかもしれないが。

 
でも、同じ内容のメルマガが届くと分かっていても
「毎日の素敵なプチ知識」が入っているだけで
メールが届くのが、ちょっと楽しみだよね。

ほんの些細な言葉で
受け取る相手の気持ちは変わるんだ。

 
あなたもこの方法を活用して
相手のストレスを減らすだけじゃなく
ちょっとした喜びをプラスしてほしい。

著書「ザ・マイクロコピー」では
P69に書いている。

ぜひ、参考にしてほしい。

 

ただし、機械的で簡潔な言葉がいい場面や
サイトもあるので、そこは自分で判断してくれ。

さあ、今すぐボタンを見直してみよう。

,
前の投稿
SNSに勝手に投稿されたくない!
次の投稿
クリック率を上げる方法!ソフトバンクのマイクロコピー事例

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー