UXライティングを上達させる10 のヒント

作り方, 基礎知識

著者のNatalieは、ビジュアルデザインの知識を持つバンクーバー在住のプロダクトデザイナーです。以前はGlobal RelayとMozillaに在籍。最近、インタラクションデザインの修士号を取得しました。

この記事は”10 tips to improve your UX writing“の翻訳転載です。
配信元または著者の許可を得て配信しています。


 

概要

UXライティングは、ユーザーエクスペリエンスデザインに似たシンプルな原則を用います。

ウェブサイト、デジタル体験、Eメール、アプリに表示されるあらゆるコンテンツを含み、製品におけるエンドツーエンドのユーザージャーニーに焦点を当てています。

製品の販売に役立てたり、ユーザーがサイトをナビゲートできるようにしたり、ビジネスや企業、サービスに関する説明的な情報を提供したりします。

しかし、UXライティングの中で、デザイナーはより小さなカテゴリーであるマイクロコピーにしばしば遭遇します。

マイクロコピーとは、ボタン、エラーメッセージ、フォーム、ラベル、通知、指示など、製品、サービス、ウェブサイト内の小さなテキスト要素のことです。

マイクロコピーは、ユーザーが特定のアクションを完了したり、製品やサービス内をナビゲートしたりするよう導くのに役立ちます。

では、どうやって優れたマイクロコピーを書けばいいのでしょうか?

UXライティングに役立つヒントとツール

以下は、UXライティングとマイクロコピーについて考え始めるのに役立つ、いくつかの重要なヒントとツールです。

聴衆を知る

誰と話すのかを考えることは重要です。

あなたの製品を高度に理解している、より技術的な読者を対象にしていますか?

それとも、技術的でない簡単な説明やコンテンツを必要とする初心者を対象にしているのでしょうか?

能動的な言葉を使う

動詞と行動可能な言葉は、読者に明確な指示を与えます。

また、明確なアクションは、ユーザーが製品をナビゲートするのに役立ちます。

平易な言葉を使う

平易な言葉とは、知性のない言葉や単純な言葉という意味ではありません。

多くの人々が理解できる言葉のことです。

様々な言語レベルや流暢さに対応します。

専門用語は避ける

文章を書く際には、幅広い読者にとって何が理解しやすいか、他の言語に翻訳しやすいかどうかを考慮しましょう。

平易な言葉を使い、他の言語に翻訳しにくい慣用句やことわざを避けることは、読者の読書体験を容易にするのに役立ちます。

複雑な文章を単純化する

長すぎたり複雑すぎたりする文章は、多くの読者にとって理解するのが難しいものです。

簡潔な文章を心がけましょう。

イディオムやスラングは避ける

特定の読者向けの製品でない限り、慣用句やスラングは避けるのが一般的です。

また、あなたの製品やウェブサイトが他の言語に翻訳される場合、慣用句やスラングはそれをより困難にする可能性があります。

中学1年生レベルの読解力を目指す

たいていの人は、中学1年生レベルかそれ以下の文章を楽に読むことができます。

また、第二言語を話す人たちにも受け入れられやすい文章にすることができます。

Hemingway Editorを使って、あなたの文章の読解レベルをチェックすることが可能です。

オンラインツールを使う

長めのコンテンツやコピーライティングの場合、Hemingway Editorはあなたの文章の可読性レベルをチェックし、アカウント不要でスペルチェックも行います。

Grammarlyは、AIによる校正を無料と有料の両方で提供しています。

ChatGPTにコピーライティングを依頼しているライターもいます。

専門家である必要はない

誰だってどこかから始めなくてはなりません。

最良の方法を学び、他の人の書き方を観察し、自分で練習することが上達への唯一の方法です。

ですから、より良い文章を書き始めるのに専門家である必要はないことを覚えておいてください。

フィードバックを得る

最後に、早めに文章を共有し、チームや観客のフィードバックを得ることです。

さまざまな選択肢を試し、意見やフィードバックを得ることは、何がうまくいき、何がそうでないかを判断する最善の方法です。

結論として、UXライティングを始める際に、これらの10のステップを念頭に置いておけば、優れたコピーを書くのに役立つでしょう。

そして、専門家でなくても始められることを忘れないでください。

\ この記事をシェアする /

, ,
前の投稿
スムーズな記入を促すプレースホルダーのマイクロコピー
次の投稿
【CVR急増!】心理的に行動のハードルを下げるマイクロコピー事例5選


マイクロコピーメルマガ購読 
*
メニュー