【CVR急増!】心理的に行動のハードルを下げるマイクロコピー事例5選

事例, 基礎知識

あなたのサイトでは、ボタン周りに「行動のハードルを下げる」マイクロコピーを使えていますか?

目的を持ってサイトを訪れるお客さまが、ボタンをクリックしない理由の1つには「不安」があります。

その不安を取り除き、ボタンを押すための心理的な行動ハードルを下げる作業が必要なのです。

今回は、顧客心理を第一に考えた、「思わずクリックしたくなるマイクロコピーの事例5選」をご紹介いたします。

「行動ハードルを下げる」マイクロコピー事例5選

事例1:「Audible」

参照:https://www.audible.co.jp/

マーケティングにおいて「無料」は最強のマジックワードと言われています。

その為、今や多くのサービスが購入ハードルを下げるために、無料のお試し期間を用意していますよね。

今回の事例では、「無料」+αで「特典をご用意しています」というマイクロコピーを付けることで、顧客がより一層ボタンを押したくなる仕掛けが施されています。

また、無料体験の期間を「1ヶ月」ではなく「30日間」という表記にすることで、ユーザーに長期間というポジティブな印象を与えています。

そして、最後に「いつでも退会できます」というマイクロコピーを使って、顧客の不安を上手く取り除いているのです。

この事例だけでも明日から実践出来る、テクニックがたくさん詰まっていますね。

事例2:単品通販のLP

ボタンのマイクロコピーを次の3つのパターンでABテストした結果です。

「購入する」「注文する」「申し込む」

どのコピーが最もCVRが高かったでしょうか?ぜひ予想してみてください。

参照:https://sitest.jp/blog/?p=15657#midasi04

ABテストの結果「申し込む」のボタンで、CVR146.7%アップで勝利しました。

意外な答えだったでしょうか?

「申し込む」というマイクロコピーを使って、CVRが増加した理由は「購入する」「注文する」に比べて、顧客の心理的ハードルを下げたためだと考えられます。

事例3:ポートフォリオ作成ツール「Carbonmade」

参照:https://carbonmade.com/

まず、サイトの上部にある星5つによって、星評価+レビューによって信頼を獲得していることが分かります。

ボタン周りでは、マジックワードの「無料トライアル」、さらにボタンにも「無料」のマイクロコピーが使われています。

そして、何よりも顧客を最大に安心させているマイクロコピーが「クレジットカードは必要ありません」という表記です。

WEBサイトの中には、「無料」と記載があるにも関わらず、クレジットカードの登録が必要なサイトが時々ありますよね。

この一文があるだけで、顧客がボタンをクリックする行動ハードルが大きく下がりますよ。

ぜひ、まだ実践していない方は、試してください。

事例4:microcopy.org弊社メルマガ

下記のどちらのマイクロコピーがCVRが高かったでしょうか?

ABテストを行う際は、なぜそのマイクロコピーが勝ったのか、仮説を立てることが大切です。

テストの結果は「集客方法を見る」の勝利でした。

その理由は、弊社のメルマガのターゲットとなる顧客は「見る」「読む」など、短くて使い慣れた言葉の方が、心理的ハードルが下がるから、なのです。

しかしながら、どのサイトでも通用する「無敵のマイクロコピー」は存在しません。

あなたのビジネスのターゲット顧客がよく使う、使い慣れた表現や言葉を使うことが、最善であることを覚えておいてくださいね。

事例5:英語学習LP(スタディサプリEnglish)

参照:https://eigosapuri.jp/plan/

この事例では、「月あたり〇〇円」というマイクロコピーが顧客の行動ハードルを下げています。

「1ヶ月あたり」「1日あたり」など、フレーミング効果を使うことで、顧客に金額を安く感じさせることが出来ますよ。

「そんな小さなコピーでCVRが上がるはずない」という固定観念は捨てて、今回ご紹介した事例のテクニックを、ぜひあなたのWEBサイトに応用してみてください。

「お問い合わせフォーム」でも行動ハードルを下げる

CVボタンの周りだけでなく、お問い合わせフォームでも顧客心理を理解して作り込むことで、顧客とのコミュニケーションを加速させましょう。

お問い合わせフォームで、ハードルを下げるポイントは、ズバリ質問の順番です。

お客さまは聞きたいことがあって、お問い合わせページにやってきています。

いきなりハードルの高い個人情報から尋ねるのではなく、彼らが困っていることから先に書いてもらいましょう。

心理的に抵抗のない質問から、段階的に重要な質問へと進めていくと、最後までスムーズに記入してもらえますよ。

参照:https://basecamp.com/support

まとめ

今回は、顧客心理を揺さぶり、行動のハードルを下げるマイクロコピーの事例5選をお伝えいたしました。

顧客のニーズを無視して、コンバージョンを得ることはできないので、ビジネス側の目線だけではなく、まずは顧客の視点に立つことが大切です。

「行動するとこんなに素晴らしいことがある」要素を伝えつつ、お客さまの不安を降り除くマイクロコピーも忘れずに付けてあげましょう。

オレコンは国内で唯一、マイクロコピーを学べるトレーニングを開催しています。

↓ ↓ ↓
トレーニングの詳細はこちら >

\ この記事をシェアする /

, , , , , , , , , ,
前の投稿
UXライティングを上達させる10 のヒント
次の投稿
「返報性の原理」心理学から学ぶ、革新的な顧客関係の築き方


マイクロコピーメルマガ購読 
*
メニュー