ユーザーを逃さない「クリックトリガー」3つの型とは?

copyhackers.comのジョアンナ・ウィーブ(Joanna Wiebe)は、ボタン周りに書かれるコピーのことをクリックトリガーと読んでいます。

クリックトリガーの目的は、ユーザーが行動を起こすかどうか決める瞬間に、的確な言葉でそれを後押しすること。

クリックトリガーがコンバージョンを劇的に増加させることが報告されています。

例えば、friendbuy.comの例がコチラ。

「無料トライアルを始める」ボタンのすぐそばに、クリックトリガー として「ご利用にクレジットカードは不要」「招待状、特典+その他をカスタマイズする」を加えたところ、登録率が34%もアップしたのです!

クリックトリガーは大きく3種類に分けられます。

・ファシリテータ型
・スパーク型
・シグナル型

今回は3種類のクリックトリガーについて事例とともに詳しく解説します。

■ファシリテータ型・・・不安、懸念、疑問を取り除き、行動をしやすくするもの

なにか無料登録をするとき、このような不安を抱くことがありますよね。

「本当に無料なの?」
「解約縛りで後から課金されたりしない?」

そこで、Spotifyの1ヶ月無料プランは、こんなマイクロコピーを使っています。


https://www.spotify.com/jp/premium/?lp=spotifypremium-jp

「いつでも解約できます。」

たった一言だけで、ユーザーの不安は見事に解決です。

また、Little Green Buttonのサイトでは「無料でお試し開始」というボタンのそばに「クレジットカードは必要ありません」というマイクロコピーをつけています。


https://www.littlegreenbutton.com/

これで「本当に無料なんだ」ということがハッキリするので、迷わずお試しを開始できるわけです。


■スパーク型
・・・ベネフィットなど、行動への意欲をかきたてるもの

コスメブランドSUQQUの会員登録画面では、「11,000円以上のお買い上げで送料無料」「サンプルをプレゼント」「ギフトラッピングサービス」「ニュースレター配信」など、会員登録することによって得られるメリットが並んでいます。


https://onlineshop.suqqu.com/ja/

もし会員登録者数が伸び悩んでいるなら、特典やプレゼントなどをボタン周りでアピールすると良いでしょう。

さらにシンプルな例を挙げると、GuessTheTest.comでは、メルマガ登録ボタンのそばに「無料でニュースレターを受け取れます、あなたに最新のABテスト事例を隔週でお届けします」と添えられています。


https://guessthetest.com/

「はい、無料のABテスト事例が欲しいです」という登録ボタンのコピーも明確で良いですね。


■シグナル型
・・・行動の後押しとなる情報を知らせたり、思い出させたりするもの

シグナル型のクリックトリガー の例として、オランダのリップグロス店シンシアでは「注文する」ボタンの下に「送料4.95ユーロ(25ユーロ以上のご注文で送料無料)」と添えたことで売上が60.1%もアップしました。

宿泊施設予約サイトじゃらんでも、シグナル型のクリックトリガーが見られます。

ボタンのすぐ下に「昨日この宿を81人が予約しました」「4人がこのプランを探しています」といったマイクロコピーを添えています。


https://www.jalan.net/

ボタンをクリックしようか迷っているユーザーにとって、大勢の人に人気があることを証明するソーシャルプルーフは強力なクリックトリガー です。


ボタン周辺には、コンバージョンを大きくアップさせる可能性が眠っています。

クリックトリガー を作る際には、次のような訴求でABテストしてみると良いでしょう。

・顧客のリスクを取り除く
・ベネフィット
・行動の後押しとなる情報
・お客様の声
・数字、データの証明
・利益または成果
・サポート、保証
・星によるレビュー評価
・セキュリティアイコン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー