【売上改善】CVボタンに「数字」を取りれるべき理由とポイント

事例

「天才とは1%のひらめきと99%の努力である」

これはエジソンの名言です。

これを見たとき、「私でも努力すればできるんだ!」という気になりませんか?

そう思わせてくれる秘密は、数字の説得力にあります。

数字を使うことで「ひらめきが1%なら一般人でもできそう」と思わせることができるのですね。

数字の説得力というのは、ウェブサイトやLPのマイクロコピーでも使えます。

例えば、オランダのエネルギー供給企業Enecoの見積もりボタンの文言を見てみましょう。

「今すぐ計算する」と「1分で計算する」とでテストした結果・・・

結果は、「1分」を入れた方が16%もクリック率が高くなりました。

なぜかというと、「今すぐ」よりも「1分」の方が強力にイメージできるからです。

他にも、数字を入れてあるマイクロコピーはたくさんあります。

「1ヶ月間、無料ではじめる」
「30日間無料トライアル」
「60日間、無料体験」

というコピーを見たことはありませんか?

これも数字の説得力を使った例です。

ただ、単純に数字を使えば良いというのではなく、効果的に見せる方法があります。

例えば、下の2つは同じことを言っています。

「1ヶ月間、無料ではじめる」
「30日間無料トライアル」

「1」と「30」という数字だけを見ると、結構な差がありますよね。

「無料」なら期間が長く感じる方が、お得感を感じてもらえるというわけです。

逆に、「今すぐに」をアピールしたい場合は小さい数字を使いましょう。

例えば「60秒で簡単登録」ではなく「1分で簡単登録」にするという具合です。

さらに言うなら、「だいたい」「ほとんど」などの曖昧な言葉はなるべく使わないことをおすすめします。

自信を持ったサイトは、それだけで、信頼性が上がるのです。

あなたのサイトのマイクロコピーにも、ぜひ数字の説得力を取り入れてみてください。

\ この記事をシェアする /

,
前の投稿
売上を劇的に上げる心理テクニック『社会的証明』『権威性のトリガー』
次の投稿
会員登録数が増えるフォームを作るために絶対おさえておきたいポイント


マイクロコピーメルマガ購読 
*
メニュー