【勝手にマイクロコピー診断】yappliから学ぶ!ユーザーの行動を促す3つのマイクロコピー

作り方, 基礎知識, 考え方

今回の記事は勝手にマイクロコピー診断です。

ノーコードでアプリ制作ができる話題のサービス、yappliのサイトに注目しました。

2022年1月にはyappliで作られたアプリが1億ダウンロードを突破したそうです。

そんな今勢いに乗っているyappliのサイトには、サービスを利用してみようと思えるようなマイクロコピーをいくつも発見しました。

数字で伝える

サイトを開いてまず飛び込んできたのは、キャッチコピーのすぐ下にある「3分でわかる資料をダウンロードする」のCTAボタンです。

 

エンジニアではないユーザーにとって、アプリ開発は縁遠く難しいイメージがあるという方が多いのではないでしょうか?

3分でわかるというコピーはキャッチーでユーザーに響きやすいCTAですよね。

さらに、ボタンの下にはサービス実績が明記されてあり、多くのユーザーが満足していることが一目で伝わります。

クリックトリガーを添える

yappli の新プラン、yappliLiteの詳細ページではCTAボタンの上にメリットを列挙したブレットと14日無料のふきだしが添えられています。

コンバージョンボタンのようにユーザーが行動を起こす場所で、ベネフィットや行動の後押しとなる情報を伝え、クリックを促すコピーのことをクリックトリガーと言います。

強力なコンバージョンボタンには、このクリックトリガーは欠かせません。

アクション指向の言葉を使う

yappliのサイトで印象的だったのはCTAボタンのコピーです。

例えば、先述したyappliLiteの詳細ページのCTAボタン「今すぐアプリを作ってみる」や

料金ページの「無料で試してみる」など、アクション指向の言葉が使われています。

こういったアクション指向の言葉は、イメージを想起させ、ユーザーの行動を引き出します。

また、「いますぐ」などのタイミングワードを取り入れ、ユーザーに行動を後回しにしないよう誘導しています。

やってみよう!と思わずクリックしたくなるボタンですよね。

まとめ

yappliのサイトは、能動的な言葉遣いやクリックトリガーが添えられた、思わずクリックしたくなるようなCTAボタンが印象的でしたね。

ノーコードでアプリ制作ができるという画期的なサービス内容だけでなく、うまくマイクロコピーを使って、yappliを利用してみたいという気持ちを引き出しており、とても参考になるサイトでした。

ぜひあなたのサイトでも取り入れてみてくださいね。

参考:https://yapp.li/

メニュー