A/Bテストクイズ ー「お問い合わせ」のマイクロコピー

突然ですが、クイズです。

これは、とある賃貸の資料請求ボタンですが、

お問い合わせ率(CVR)が高かったのはどちらでしょう?

Aパターン・・・「メールお問い合せ」

Bパターン・・・「空室状況を問合せ」

 

 

正解は・・・

 

 


B「空室状況を問合せ」
です!

 

ABテストを行なったライフルホームズによると、「メールお問い合わせ」から「空室状況を問合せ」に変更した結果、問い合わせ率(CVR)が127%も改善したそうです。

 

CVボタンのマイクロコピーは、

ユーザーが次にとる具体的な行動に合わせた文言を使うことがポイント。

 

例えば、よくあるマイクロコピーのNG例に「詳しくはこちら」ボタンが挙げられます。

しかし、このようなコピーでは、アクセシビリティ* 上の問題を生じさせます。

※アクセシビリティとは、Web サイト上における情報やサービスへのアクセスのしやすさのこと。

つまり、その前の文脈をきちんと読んでいなければ、このボタンのリンク先で何ができるのかわかりません…。

 

だから、リンクのマイクロコピーは、具体的、説明的なものにしておくこと。

そうすれば、お客さんはわずか数秒で判断し、最短距離で目的の情報まで辿り着くことができます。

例えば Amazon プライムのボタンには、一目見ただけでもわかりやすいコピーが使われています。

 

このように、リンクボタンのマイクロコピーでは、
次のページでできることを具体的に予告するといいでしょう。

もし、ライバルと同じ商品を売っているのに、売り上げに大きな差が出ているようなら・・・

「サイトの使いやすさ」にも原因がある可能性があります。

一番手っ取り早い改善策が、ボタン周りのマイクロコピーを見直すこと。

『すべてのセールス動線が、使いやすさの上に成り立っている』
ということを忘れないでおきたいですね。

 

———————————-

 

余談ですが・・・

2021年1月現在、ライフルホームズのCVボタンはまた少しデザインが変わっていました。


文言は「空室状況を問合せ」のままですが、
文字のサイズがより大きく、読みやすくなっています。

細かいABテストを繰り返し、最もCVRの高いボタンを追求する姿勢が素晴らしいですね。

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー