サイト改善施策に”鉄板”はあるのか?A/Bテストをやるべき理由とCVが122%改善した事例

事例, 考え方

ヒョウ柄のバナーを作って、東京と大阪でA/Bテストしたら・・・

どちらがクリック率が高かったと思いますか?

※画像はイメージです

答えは、なんと・・・

ヒョウ柄バナーのクリック率は、東京の方が高かったそうです。

僅差だったとのことですが、「大阪といえばヒョウ柄を着たオバちゃん」というぐらいの強烈なイメージがあるので、意外なテスト結果ですよね。

もう一つ、A/Bテストクイズです。

メールマガジンの無料購読フォームの事例なのですが、登録率が高かったのは、A、Bどちらだと思いますか?

Aは、「14,752人に加わって無料アップデート情報をゲット」と書いたもの。

Bは、シンプルなフォームです。

さて、どちらの方が登録者が多かったか?

今までマイクロコピーやマーケティングの勉強をしてきた方なら、Aの「14,752人に加わって無料アップデート情報をゲット」と書かれたフォームだと答えるのではないでしょうか?

しかし・・・

実際にA/Bテストをするまでは、全ては推測でしかありません。

テストの結果、勝利したのはBのシンプルなフォームでした。

なんと、購読者が122%も増加したのです。

新しく登録されたEメールの数は2倍以上に増え、一般的なベストプラクティスとは異なる結果となりました。

このテスト結果から学べることは、他のサイトで成功したマイクロコピーをそのまま自分のサイトで使ったからと言って、必ずしもコンバージョンが改善するわけではない、ということ。

サイトを訪れるユーザーの「不安に感じること」や「求めていること」は、サイトによって異なります。

また、同業種のサイトであっても、文脈や見せ方によって効果は変わります。

したがって、「そのサイトで一番刺さる訴求は、実際にA/Bテストをするまでは分からない」のです。

サイト改善をする際は以下のフローに沿って実施すると、速く確実に売上アップを目指すことができます。

①他社の成功事例、ベストプラクティスを集める
②仮説を立てる
③自分のサイトで実際にA/Bテストする
④数字に基づいたテスト結果から検証、考察する

Googleオプティマイズをはじめ、今では無料のA/Bテストツールがあります。

たとえ面倒でも、ぜひ、実際にA/Bテストを実施して、推測ではなく数字に基づいたデータからサイト改善を進めていきたいですね。

メニュー