入力フォームにプレースホルダーは必要か?

入力フォームにプレースホルダーは必要か?

事例

オレコンのテストで
58.43%も成約率が向上した例がある。

 
成約率が月に10件だとすると
15.8件になる。

月に50件なら、79件。

月に100件なら、158件だ。

 

さあ、この成約率アップには
どんなマイクロコピーが使われているだろうか?

 

答えを先に言うと、プレースホルダーを
少し変えただけだ。

 
プレースホルダーとは、
入力フォームの中に書いてある記入例だ。

例えば、下の画像にある
「8文字以上必要です」
の部分だ。

最近は減ってきたように思うが
これってちょっと不親切だと思わないか?

だって、ココってしっかり読む?

あんまり読まないで
パスワードを入力しようと思うんだよね。

 
ちなみに、ボクはそうだ。

そして適当にパスワードを作って
クリックしたところでNGが出る。

「8文字以上にしてください」
って。
 

おいおい、マジか?
またやり直しかよ。

この意味のないやり取りを
何回したことだろう。

 
このストレスが
成約率を下げさせているんだ。

じゃ、どうすればいいか?

簡単だ。

 
枠の外に出せば、消えることはない。
 

ここで、いい事例がある。

Yahoo!を見てみよう。

 

下の画像は、Yahoo!の新規登録画面だ。

プレースホルダーが使われているじゃないか!

って思うだろうが、「メールアドレス」とか
「Yahoo! JAPAN ID」とか、これぐらいなら
覚えられる情報なので問題はない。

 

Yahoo!の素晴らしいところは、この先にある。

 
入力フォームの枠をクリックすると
記入例が外枠に出てくるんだ。

パスワードも半角英数字と記号が使えて
6文字以上だと。

これなら入力するときに
入力に慣れていない人でも分かりやすい。

 

プレースホルダーは使い方次第で
すごくいいものになる。

ただ、消えてしまっても
気にならない程度の情報に留めておくべきだ。

大事なことを書くのは避けた方がいい。

特に、パスワードの文字数とかね。

 
さあ、自分のWEBサイトの入力フォームは
ストレスをかけていないだろうか?

前の投稿
クリック率を上げる方法!ソフトバンクのマイクロコピー事例
次の投稿
クリック率改善のヒント!紅一点の法則

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Fill out this field
Fill out this field
有効なメールアドレスを入力してください。
You need to agree with the terms to proceed

メニュー