CVR33.1%アップ!思わずクリックしたくなるCTAボタンの作り方

事例, 作り方

「今すぐ」コンバージョン率を上げたいなら、まずはお客様の接点となる文言、マイクロコピーを見直しましょう。

特に、行動喚起させるCTA(コール・トゥ・アクション)は、たった数文字が違うだけでも驚くほどコンバージョン率が変わります。

たった数文字変えるテストなら、お金や労力をかけずに、5分もあればできますよね。

実際に、ボタンのマイクロコピーを変えただけで33.1%も高いコンバージョン率を記録した事例をご紹介します。

たった数文字の変更で33.1%効果アップ

サイト売買のサービスを提供するアメリカの企業エンパイアフリッパーズ(Empire Flippers)の事例です。

あるとき、コンバージョン率を改善するために、次のようにCTAのマイクロコピーをA/Bテストしました。

Aは、「Join Us!(参加する!)」というオーソドックスな文言。

https://empireflippers.com/

Bは、「MAKE MONEY FLIPPING WEBSITES(サイトを売って稼ぐ)」という、より具体的で、メリットを押し出した文言です。

https://empireflippers.com/

Aは一般的ですが、あらゆるサイトで使われていることから、ある意味、馴染みのあるボタンと言えるかもしれません。

Bは具体的なメリットをアピールしている一方で、長いコピーとなってしまい、文字が小さくなっています。

どちらも一長一短にも思えますが、一体どちらが勝利したでしょう?

A/Bテストの結果は・・・

Bのマイクロコピー「MAKE MONEY FLIPPING WEBSITES(サイトを売って稼ぐ)」の勝利。

Aのコンバージョン率が2.88%だったのに比べ、Bは3.84%になりました。

つまり、CTAのマイクロコピーを変えただけで、コンバージョン率が33.1%も改善されたのです。

人気ツールGrammerlyの理想的なCTA

効果的なCTAの例をもう一つご紹介します。

デジタルライティングツールを提供するGrammarlyのボタンは、シンプルながら的確です。

「Chromeに追加する 無料」

https://www.grammarly.com/

ちなみに、このコピーはブラウザに合わせた表示となるよう設定されており、Safariで開くと「Safariに追加する 無料」となります。

ボタンに小さく「無料」と書かれていることで、クリックするハードルが下がりますね。

さらに、ボタンの下の部分を見てください。

・星評価
・「40,000件以上のChromeストアレビュー」
・「3,000万人がライティングの向上のためにGrammarlyを使用しています」

など、信頼性を高める工夫がなされているところも素晴らしいです。

効果的なCTAを作る4つのポイント

効果的なCTAに共通する点としては、以下の4つのポイントがあげられます。

・クリックするメリットを伝える
・クリックしたら何ができるか具体的に伝える
・クリックのハードルを下げる(「無料」「保証」など)
・信頼性を上げる(星評価、ユーザー数など)

CTAをテストする際は、ぜひこれらのポイントを意識してみてください。

サイト改善の参考になりましたら幸いです。

参考:https://vwo.com/success-stories/empire-flippers/

メニュー