【翻訳記事】Google UXライターとの対談

考え方

Yuval Keshtcher


世界最大のUXライティングのコミュニティであるMicrocopy&UX Writingを運営、uxwritinghub.comの代表を務めるイスラエルのUXエキスパート。

【対談】Google Mapの UXライター”Tiffany Lee”

“私は、製品を売るだけでなく、実際に製品を作り出す助けになれると知って鼻高々でした”
”Tiffany Lee”インドで公共交通機関を利用する旅と地図に焦点を当て、Google MapのUXライターをしています。
私はロサンゼルス出身ですが、生まれた後、10年間はオハイオ州のヤングスタウンで過ごしました(ちなみに5年生の時はスイスで過ごしました)。

ライティングの手法を身につけましたか?

前職では、私はマーケティングコピーライターであり、社内全体で唯一、ライターと呼ばれる職に就いていました。

そこで私はUXライティングに没頭していました。

チーム(UXという存在)はUIテキストに役立つという点から私にアプローチをし、そして私は、実際の業務経験を通して、この新しいスキルを学びました。

UXがキャリアパスになるとは知りもしませんでした。

だから私は、製品を売るだけでなく、実際に製品を作り出す助けになれると知ったことに鼻高々でした。

製品を探します。他社の製品はスマートなレイアウトや巧みな言葉を用いていますが、それは結局のところ、異なるユーザー、異なる旅程、異なる共通感覚に向けて作られた製品でしかありません。

UXに携わる者としての私たちの仕事は、おそらく私たちが考えているよりもはるかに重要なのです。

UXライターの一日を教えてください。

ライターは、非常に広い範囲の製品に関わっているため、私たちがこうした知識の中心になる傾向があります。
― 通常それは最悪の場合のシナリオ ― を考慮するのが私の性格なのです。

私は、決断を下すための、そして自分の意思決定が私の周りの人にどのように影響するかについて考えるためのデータを求めています。心当たりがありませんか?

製品を開発する全ての人にとって、ユーザーのニーズに共感し、敏感になる力は不可欠です。

不安は共感の「スーパー」バージョンのようなものになることもあり得ますから。

私は自分でもほとんど気付かないうちに、人生の大半を掛けてUXの原則を練習してきていたのです!

UXライティングがハイテク業界に参入することが可能になると思いますか?なるとすればどのように?

UXライターは、ジャーナリズムやマーケティング出身で、大多数はハイテク産業以外から入ってきた人たちです。

私は、今現在はUXライターをしている脚本家や小説家に会ったことがあります。

ライターはFacebookのコンテンツ戦略家と同じです。

しかし、ライターはどうやってそれを知るのでしょう?

ライティングの分野に足を踏み入れたいと思っている人に役立つ3つのヒント

UXに脅かされることはありません!

あなたがあらゆる分野に精通したライターであれば、あなたは既にUXライティングに求められるコアスキルをもっています。

3つの事柄について述べましょう。

「before」のサンプルで簡単に問題の概要を説明し、そして「after」のサンプルで解決策を示します。

どのようにして解決策に辿り着いたのか(ユーザーの旅行を検証したのか?成功の指標を測ったのか?)、アプローチについても説明します。アプローチに注目することは、解決策に注目するのと同じくらい重要です。

あなたの現在の仕事に、UXを役立てましょう!

実際のUXライティングを経験するのは簡単ですし、デザイナーやエンジニアにとってもありがたいことです。

ライティングの方針に確信が持てない人は、全体会でUXデザインのワークショップに挑戦してみてください。

UXライターは、UXデザイナーと同じ原則に沿っており,ワークショップでは一夜にして、期待すべきことは何か、分かりやすい概要をみることができるでしょう。

アプリのチップ確認画面はいつも私を笑わせてくれます。

これは、ユーザーとドライバーの両方をねぎらう、たった一つのなんでもないラインです。

このアプリがどのように、見過ごされたスペースに作り出した小さな喜びによってアプリをより楽しいものにしているのか、次の画像を見てみましょう。

まとめ

UXライターへのインタビューシリーズ第一弾をお届けしました。

優れたマイクロコピーを設計するのに「心配性であること」はとても役に立ちます。

入念なリサーチ、ユーザーテストの実施、デザイナーやコーディング担当者との密なやりとりが、リスク回避に繋がるからです。

また、比較的新しい職業であるUXライターたちの出身の多くが、ジャーナリズム、マーケティング出身者、中にはシナリオライティングのスキルを持った人たちがいることも興味深いですね。

\ この記事をシェアする /

前の投稿
【翻訳記事】スパムみたいな通知を止めてくれ!(ある人のテクノロジー業界への嘆願書)
次の投稿
【翻訳記事】インターフェースライティング(マイクロコピー):人間のためのコード


マイクロコピーメルマガ購読 
*
メニュー