デザイン設計におけるバナナルール

事例, 作り方, 基礎知識

著者のElia Lushnikovは、彼は、機能的、視覚的に魅力的なユーザー中心のデザインを生み出すことを好み、さまざまな業界の幅広いプロジェクトに携わってきました。

この記事は”The Banana rule in UX/UI design“の翻訳転載です。
配信元または著者の許可を得て配信しています。


ユーザーフレンドリーなデザイン成功への道をあなたはまだ使ってないの?


UX/UIデザインにおける「バナナルール」は、ウェブサイトやアプリケーションを理解しやすく、使いやすくするためのシンプルかつ効果的な原則です。

このルールの背景にある考え方は、バナナの形が明らかに食べ物であることを示すように、ユーザーがウェブサイトやアプリケーションの趣旨を一目で理解できるようにするべきというものです。

この概念は、デザインにおける “アフォーダンス(環境が動物に対して与える「意味」のこと) “の考え方と密接な関係があります。

UX/UIデザインでは、このバナナルールがウェブサイトやアプリケーションのトップページのレイアウトやデザインに適用されることが多くあります。

このページは、ユーザーが製品に接する最初のポイントとなることが多く、製品の目的と機能を明確に伝えることが必要不可欠です。
バナナルールに従っているウェブサイトやアプリケーションは、レイアウトが明快で、すっきりしており、操作が簡単です。


バナナルールの重要な要素のひとつは、情報の階層を明らかにすることです。

つまり、デザイナーはページ上のさまざまな要素の表示順序を意識的に考え、最も重要な情報を目立つように、かつ理解しやすいように配置する必要があります。
これは、異なる種類の情報を区別するために、異なるフォントサイズ、色、レイアウトを使用することで、実現できます。

例えば、ページの大見出しは小見出しよりも大きく目立つようにし、さらに小見出しは本文よりも大きく目立つようにします。

 

バナナルールのもう一つの重要な側面は、明確で一貫性のある導線の使用です。
ユーザーは、ウェブサイトや アプリケーション内で簡単に道筋を見つけ、さまざまな項目や ページがどこにあるのかを理解できなければなりません。

これは、明確で一貫性のある導線メニューを使い、わかりやすい表示によって実現できます。

さらに、デザイナーはボタンや行動喚起の配置に気を配り、目立つように表示し、見つけやすくする必要があります。
また、パンくずリストを使った誘導で、ユーザーがウェブサイト内の自分の現在地を簡単に把握できるようにするのも良い方法でしょう。

バナナルールに従ったウェブサイトの良い例が、アップル社のウェブサイトのトップページです。

ページはシンプルですっきりしており、情報の階層が明確です。
また、ページ上部には、商品画像とわかりやすい行動喚起のバナーを大きく掲載し、ユーザーの目を引くでしょう。

バナーの下には、さまざまな商品やサービスを紹介するエリアがあり、ユーザーの明確な行動を促しています。
また、画面の右上にナビゲーションメニューがあり、わかりやすいですよね。

 

もうひとつの例はグーグルストアです。

 

このウェブサイトは、明確で一貫性のあるナビゲーションメニューと、わかりやすいラベルを採用しています。
これにより、ユーザーは探している製品やサービスを素早く簡単に見つけることができます。

また、ウェブサイトには、画像、仕様、価格などの製品情報が、分かりやすく表示されています。

このおかげで、ユーザーは簡単に商品を比較し、十分な情報を得た上で購入ができます。

決済プロセスはシンプルでわかりやすく、行動への明確な呼びかけと必要最小限の情報で構成されているため、ユーザーは簡単に素早く買い物を済ませることができるのです。

 

 

一方で、このバナナルールに従わないウェブサイトやアプリケーションは、レイアウトが乱雑で、ユーザーの注意を引くために混在する要素が多すぎる可能性があります。

これでは、ユーザーは製品の目的を理解しにくく、探している情報や機能を見つけにくいでしょう。
ナビゲーションメニューがわかりにくかったり、ウェブサイト全体で一貫性がなかったりといった問題もあります。

さらに、バナナルールに従わないことは、ユーザー体験の低下にもつながり、その結果、ユーザーが何の行動も起こさずにウェブサイトやアプリケーションから離脱してしまう可能性もあるでしょう。

これは、ウェブサイトやアプリケーションの成功に悪影響を及ぼしかねません。

 

 

結論として、バナナルールはUX/UIデザインの重要な原則であり、ウェブサイトやアプリケーションが分かりやすく、使いやすいことを保証するのに役立ちます。

このバナナルールに従うことで、デザイナーはより直感的で使い勝手が良い製品を作ることができ、ユーザーの関心と満足度を高めることができます。

さらに、デザイナーはユーザーがウェブサイトやアプリケーションを使用する際に満足のいく体験をすることができ、その結果、彼らが継続的な顧客となる可能性を高めることができるでしょう。

今日のデジタル社会におけるユーザー体験とデザインの持つ重要性は、いくら強調してもしすぎることはありません。
バナナルールに従うことは、ヒット商品を生み出すための正しい方向への第一歩です。

 

 

\ この記事をシェアする /

, , , , , , , ,
前の投稿
マーケティングに活用できる行動経済学とは?8つのテクニックと具体例を紹介
次の投稿
CTAボタンのクリック率が340%向上した【マイクロコピー】


マイクロコピーメルマガ購読 
*
メニュー